2009年 05月 23日

20年やったことの結論



たった20年じゃないかといわれるかもしれませんが、やってみて思った結論は「掘らないこと」です。


はっきり言って、今の技術でできることは限られてます。その上、満足行くような調査期間がとれるモノはほとんど無い。結果として建設が遅れて(ほとんどそう)その後期間があっても、最初の約束どおり引き渡し。

期間が確保できません。調査区全体から均質に情報がとれるか?と言われると無理です。

人の問題も大きいです。大丈夫か?と思うようなことが一杯。

実はこれが一番問題ですが・・・。


よって、私、最後の方は設計変更なんかを積極的にお願いして「掘らない」方向で話を進めました。

確認、試掘調査はしますが、本調査はやらない・・・。


内容無いは、本は出ないは、では話になりませんので(泣)

昭和62年から平成18年までやりましたから・・・。
[PR]

by amuro1900 | 2009-05-23 21:01 | 日記


<< 関近研例会案内      弥生文化博物館 >>